カテゴリ: 物語

コドラクの魂を救うため、イスグラモルの墓へとやってきたサークルのメンバー達。彼らの前に、いにしえの同胞団の戦士達が立ち塞がる。

同胞団クエストライン、ラストです。



続きを読む

書名 『コドラクの日記』
著者 コドラク・ホワイトメイン


シグルドのメモ
ウースラドの破片と共に、コドラクの部屋に。
死者のものに勝手に触れるのも気が咎めるが、俺はソブンガルデにもハンティング・フィールドにも行くつもりはないので、叱られる機会もないだろう。悪いな。
もっと話をしたかった。
ひとつ、謎が解けた。
続きを読む

ドラゴンストーンをファレンガーの元へと届けたシグルド。
そこに、血相をかえたイリレスが駆け込んでくる。
近隣でドラゴンが目撃されたというのだ。
ドラゴンズリーチに滞在する勇者ベイリンと共に、ドラゴン討伐に向かう。



続きを読む

霧の立ちこめる沼のほとりに佇むふたつの影がある

ひとつは疲れた男
ひとつは焼け焦げた骸骨

風景に色は無い。
枝のみの木々が、重たげな氷柱にその形をいびつにしながら、
黒く滲んだひび割れとなっている。

静寂。
続きを読む

グレイビアードの召喚に応じ、ベイリンと共に、ハイフロスガーを目指すシグルド。
自分の力の「意味」を知るために。

ハイフロスガーで、シグルドは声を使いこなすための訓練を受けることになる。


続きを読む

このページのトップヘ