カテゴリ: 物語

霧の立ちこめる沼のほとりに佇むふたつの影がある

ひとつは疲れた男
ひとつは焼け焦げた骸骨

風景に色は無い。
枝のみの木々が、重たげな氷柱にその形をいびつにしながら、
黒く滲んだひび割れとなっている。

静寂。
続きを読む

どこか遠い国の、屋敷の2階。
無数の屍が転がり絨毯の上を夥しい血が流れている。

深傷を負った男のぶれる視界。
その中心に若い女と小さな子供の死骸がある。

焼け焦げた骸骨が、その視野の隅で、じっとそれらを見ている。
骸骨は女の声で喋る。
そこにいるその男には骸骨の姿は見えず、また、その声は聞こえない。
続きを読む

ドラゴンボーンによりスカイリムを脅かしたドラゴン、世界を喰らう者アルドゥインが討伐されてから3ヶ月。帝国とストームクロークとの間にも停戦協定が結ばれ、スカイリムには束の間の平和が訪れていた。そんな中、「最強の戦士」を夢見る青年オーズは、同胞団に加わろうと、ホワイトランへとやってきた。若き戦士の物語。
続きを読む

同胞団の見習い戦士オーズは、ソリチュードで出会ったラビの「物語集め」のために、モーサルを訪れる。沼地の霧と静寂に沈むモーサルでは、しかし、奇妙な事件が立て続けに起きていた。
続きを読む

モーサルでの吸血鬼退治を終えてホワイトランに戻ったオーズは、同胞団の一員として、山賊退治や害獣退治などの任務をこなし、想像していたよりはずっと地味ではあったが、戦士としての道を歩み始めていた。
そんな中、突如としてホワイトランを吸血鬼たちが襲撃する。スカイリムの束の間の平和は、はやくも破られようとしていた。


続きを読む

このページのトップヘ