カテゴリ:物語 > Tale of the Tongues

吟遊詩人の大学の依頼でオラフ王の焚刑の調査を終えた一行の元に、ソリチュードの執政、ファルク・ファイアビアードからの手紙が届く。
手紙の内容は、内密に話したい問題が発生したので、すぐにブルーパレスに来い、というものだった。
ソリチュードへと向かうシグルドは、奇妙な夢を見る――
続きを読む

ポテマ復活をもくろむ死霊術士を阻止したシグルド一行。
さらなるポテマの伝説を調べるために立ち寄った吟遊詩人の大学で、学長のヴィアルモより、オラフ王の焚刑祭に関する、とある依頼をうけることになる。

ラビちゃん、レイさんと大冒険。台詞あり。

続きを読む

デルフィンの指定したサルモール大使館の晩餐会の日まで1週間。
ソリチュードに滞在中のシグルドは、行方不明の父を探す貴族の娘、ラビと出会う。
偶然居合わせたレイも合流し、スカイリムの伝説に興味を抱くラビの猛烈なプッシュもあり、かつてポテマが儀式に使っていたという洞窟の調査に向かうのだったが…
レイさんラビちゃんと洞窟探検。
狼の女王ポテマ前編。



続きを読む

ブレイズの生き残り、デルフィンと共に、よみがえったドラゴンを倒したシグルド。
この一件にサルモールが関わっているにちがいないと考えるデルフィンは次の手を打つためにソリチュードにあるサルモール大使館への潜入を計画する。
シグルドはジョルバスクルへと戻り、デルフィンからの連絡を待ちながら、次々とよみがえるドラゴンと戦うことになる。


続きを読む

レイの力を借り、ウステングラブの最深部にたどり着いたシグルド。しかし、目的の角笛は、何者かによって、すでに持ち去られた後だった。
残されたメモに従い、リバーウッドへと戻ったシグルドを待っていたのは、意外な人物だった。

デルフィン先生のありがたいお話ダイジェスト&イケメン・サーロクニル戦。
サーロクニル、良い声!


続きを読む

このページのトップヘ