MGNY Followers Ray blogTumbler
名 前 : レイ・シュタイナー
性 別 : 男性
年 齢 : 31歳

アカヴィリ風の剣術を得意とする旅慣れた剣士。飄々とした雰囲気だが見識が広く洞察力に優れ、皆の兄貴分として慕われている。
Follower03

アカヴィリ風の刀剣“紫苑”を携えた凄腕の剣士。とあるギルドに所属しており、タムリエル各地を旅していたが、ドラゴンボーン出現の噂を聞き、単身スカイリムへとやってきた。

実は元ブレイズ。かつての仲間であったデルフィンの動向を追っている。
彼の推測通り、ドラゴンボーンの出現にあわせてデルフィンは動きだし、それを追ううちに、ウィンターホールド大学でシグルドと出会う。シグルドがドラゴンボーンであると察したレイは、正体と目的は告げぬまま、同行を申し出た。【知識の殿堂にて】 【創始者の角笛】 【ふりだしに戻る】

デルフィンの居場所を突き止めた彼は、彼女がドラゴンボーンをブレイズの復興の為に利用しようとするのではないか、という危惧を抱き、陰日向となりシグルドを見守ることに。

ソリチュードではシグルド、ラビと共に、冒険を繰り広げ、狼の女王ポテマの復活を阻止した。
【パーティ結成】 【狼を呼びし者】 【オラフ王の焚刑祭】 【狼の女王の目覚め】 

デルフィンの提案で、サルモール大使館、そしてリフテン、ラットウェイに潜入することになったシグルドに協力。【潜入準備】  
その後、アルドゥインを倒す為のシャウトの存在を知り、それを探して旅立つシグルドと別れ、独自に調査を開始する。 

パーサーナックスの存在を巡ってシグルドとブレイズが決別した後もシグルドに協力し続け、皮肉にも、とうにブレイズから抜けていたレイこそが、ドラゴンボーンを守るという真のブレイズの責務を果たす事となった。

第2部ではドーンガードに協力して吸血鬼の王の野望を挫き、第3部では“ロッジ”の一員として魔物と戦いながら、若い冒険者達に剣術の手解きをしている。趣味は読書。料理が得意。


ray01

ray02

ray03

ray04

装備
紫苑
Armor Of Intrigu
DreamBurrows Regal Huntsman Armor
Scarves of Skyrim - Lore-friendly Remix edition