決して注意を怠ってはいけない闇の物語

VIGILANT


直接的なストーリーには深く言及はしていませんが、
未プレイの方はご覧にならないようにご注意ください。


最高の物語でした。心から感謝。
あと2周ぐらいしたい!

ネタバレありSS集 EP4 その3 ラスト


2016y06m13d_143827798

2016y06m13d_143406309

2016y06m13d_143438445


2016y06m13d_142753748

2016y06m13d_230800960


2016y06m13d_230640494

2016y06m13d_230600683

「やっと倒したか…きりがねえな! 大丈夫か?」

「まだ息はしている」

「いよいよここまでかな。ポーションも切れそうだ。
…こんなところでおっさんとふたりっきりでくたばるなんてな…
せめてラビかセラーナと一緒だったらよかったのに…
あー、もう、リアでもいいや。あいつの減らず口が懐かしいぜ」

「ふん。“でもいい”か。リアが聞いたら怒るぞ。
……いいことを教えてやろう。
モラグ・バルの檻から俺を救い出したのは、
かつて俺をスカイリムへと導いた、カジートの老剣士だった」

「え…?」

「――道は確かに示されている。癪だがな。
だが、役割を果たす為には、その道を歩かねばならない」

「しかたねえなあ…もうちっとがんばるか…
キャベツ食う?」

「食っとけ。
行くぞ。
この歪められた歌を終わらせるんだ。」

2016y06m13d_142848615

2016y06m13d_142953464

2016y06m13d_143004010

2016y06m13d_143025038

2016y06m13d_143028876

2016y06m13d_143042261

2016y06m13d_143106909

2016y06m13d_143119233

2016y06m13d_143133523

2016y06m13d_143142555

2016y06m13d_143216360

2016y06m13d_143223318

2016y06m13d_143233130




2016y06m13d_143244877




2016y06m13d_143248574

「これで、出られるのか…」
「オーズ。後ろを見ろ」






2016y06m13d_143300040









2016y06m13d_143533857

「終わらせて、ほしかったんだな…あんた。」




2016y06m13d_143634899

「歌の続き、探しておく――」





2016y06m13d_143316374


2016y06m13d_143702418

「どうした。幽霊でも見たような顔をして」
「…夢…だったのか?」
「さて、な。」

2016y06m13d_143705569





2016y06m13d_143809749

「あれ? おっさん、その犬、どうしたんだ?」
「追い払ってもついてくる」
「ハハッ!可愛いなぁ。ロッジでみんなで飼おうぜ!
名前どうすっかな」
「…アル、だ」
「なんでかな、俺もなんか、その名前が思い浮かんだぜ。
良い名じゃねえか」