決して注意を怠ってはいけない闇の物語

VIGILANT
未プレイの方はご覧にならないようにご注意ください。
ネタバレありSS集 EP1

俺達モンスターハンターの拠点シルバーピークに、ステンダールの番人のアレタノさんがやってきたのは、未知の魔物が出没するようになってからしばらくたってのことだった。

これまでにタムリエルでは見られなかった魔物たちがどこからともなく現れ、束の間の平和は破られた。そんな中、連携を強化しようということで、番人たちとシグルドの間で話がまとまり、代表して俺がステンダールの番人たちに同行することになった。

番人たちとは何かと縁があるけど、彼らがどんな活動をしているのか、内情は知らなかったし、たしかに良い機会だ、なんて、はじめはそんな感じで、物見遊山気分だった。

まだその時は、あんな深い深い闇が待ち構えているなんて、考えもしなかったんだ――

2016y06m12d_143434025
「すげえ! ここが番人の本拠地か!」

2016y06m12d_143436763
「同胞団にはマルカルスで世話になった。君たちの協力がなければ、モラグ・バルをあの館から払うことはできなかった」
「え… あの、ティラヌスさんの…」
「彼のことは残念だったが、相手はモラグ・バルだ。少しでも無念を晴らしてもらえて、感謝しているよ」
(おっさん、俺に黙って敵討ちとか、なんでそういう大事なこと言わねえかなあ…)

2016y06m12d_143443232
「ホワイトランに吸血鬼が出没したらしい。行くぞ!」

2016y06m12d_143502679
「男性ばかり、殆ど喰われた、といってもいい殺され方だ。普通の吸血鬼とは違う」


2016y06m12d_143515164
「ねえ、おにいさん、スイート・ロールはいかが?」


2016y06m12d_143534580
「あっさり色仕掛けにかかるとは情けないやつだ」
「見てたならもっとはやく助けろよな!?」
「少し雲行きが怪しくなってきた。ふたりで行くぞ」



2016y06m12d_143632312
「デイドラを召喚し、人々を惑わしてまわっている者がいる。
不和と破滅の種をまき散らしている輩がな。
だがご親切に足跡もしっかりと残している。」
「番人を誘き出す罠ってこと?」
「その可能性もある。注意を怠るなよ」

2016y06m12d_143701944

2016y06m12d_143718009

2016y06m12d_143738109

2016y06m12d_143757792

2016y06m12d_143802475

2016y06m12d_143822603

2016y06m12d_143833041

2016y06m12d_143840808

2016y06m12d_143856471

2016y06m12d_143902766

2016y06m12d_143916032



2016y06m12d_143940439

2016y06m12d_143957405
もう帰れない。二度と。

2016y06m12d_144009821

2016y06m12d_144025050

2016y06m12d_144039800
闇の底で。誘惑と堕落。

2016y06m12d_144048668
「これで解決…といけばいいが…
そうだ、一つ任務がある。魔女を狩ってくるんだ」

2016y06m12d_144102020
「魔女の家… 花壇にハーブが植えてある」

2016y06m12d_144107696
「“ここは俺に任せてくれ” “わかった、おまえを信じよう”」
「下手な声まねをするな。好きにしろ。」

2016y06m12d_144126468
「あなたが来た、ということは、もうここも安全ではないのね…ありがとう。娘と一緒に引っ越します」

2016y06m12d_144224683
(あの親子…もしかして… ともかく、アレタノに魔女じゃなかったって報告にいかないとな)



「オーズ!下がれ! こいつはもう、アレタノではない! 逃げろ!!」

2016y06m12d_144303444

2016y06m12d_144310307
「おっさん!! やめろぉおお!!」






「ここは……」


2016y06m12d_144339765

「嘘だ…」

2016y06m12d_144346806

2016y06m12d_144353057

「嘘だ…!嘘だ……!!」


2016y06m12d_144405916


2016y06m12d_144439938

2016y06m12d_144519397

2016y06m12d_144524727

2016y06m12d_144546926

2016y06m12d_144550987

2016y06m12d_144614475

2016y06m12d_144558257

2016y06m12d_144623784
終わった…のか…
みんな死んじまった…みんな…

2016y06m12d_144634826

でも、あの化け物を一瞬怯ませたのは、シャウトだった。
きっとおっさんはどこかで生きてる。
きっとまだ、何も終わってはいない。
始まったばかりなんだ。



EP2へ