ミラーク聖堂
登場人物
ベイリン / ラビ / シグルド / フリア


ラビ
 ラビ
レイヴン・ロックも、一気に活気付いたわね。

ベイリン
 ベイリン
鉱山が再会されるとなったら、この島を訪れる人も次第に増えるだろうな

シグルド
 シグルド
そして、あの声に支配される者も。
――と、なってもらっては困る。

ラビ
 ラビ
一刻も早く、ミラークが何者なのかを突き止めないと。
その狙いが何なのか、とね。

ベイリン
 ベイリン
何はともあれ、ミラーク聖堂とやらに行ってみよう。
少し遠出になるが、道中、ネッチも見られるな!

2016y03m30d_203113259

2016y03m30d_202042854

2016y03m30d_203823896

2016y03m30d_203850381

2016y03m30d_204002568


ラビ
 ラビ
またあの奇妙な柱… 
働かされている人たちも、まったく反応が無いわ…

ベイリン
 ベイリン
かなり強い力で操られているな

シグルド
 シグルド
今のところ憶測に過ぎないが、この柱が声の増幅装置のような役割を果たしているのかもしれない。

ラビ
 ラビ
そうね…あまり近づかない方がいいよ。
すごく、嫌な感じがする

ベイリン
 ベイリン
彼らが作らされているものが完成したとき、何が起きるのか、あまり知りたくないな。




2016y03m30d_202234267


ラビ
 ラビ
何なの、これ…すごい規模…それに、この骨は…ドラゴン…

シグルド
 シグルド
ここは……

ベイリン
 ベイリン
こんなに多くの人が――もうこれは村が一つ空になるような勢いだぞ

ラビ
 ラビ
遙か昔に、一度破壊されたものを、彼らは再建しようとしているんだわ…
多分、ドラゴンによって破壊された…

ベイリン
 ベイリン
ここで、真のドラゴンボーン様とやらは、ドラゴンの軍勢と戦ったのか

ラビ
 ラビ
きっと、竜戦争の時代。遙か昔に。
そのドラゴンボーンが、帰って来たの…?
シグルドが目覚めるのと時を同じくして

シグルド
 シグルド
…下だ。この聖堂の中に――彼はいる。

ベイリン
 ベイリン
とにかく、行ってみよう…。
注意しろよ。
あの仮面の教徒達のお出迎えがあるに違いないからな
2016y03m30d_202535167


フリア
 フリア
話を聞いて! おねがい! ここを出るのよ!!

ラビ
 ラビ
女の人の声…!

ベイリン
 ベイリン
そこのお嬢さん! 大丈夫か?

フリア
 フリア
貴方たちは…操られていないのね? 何故ここに?
2016y03m30d_202525499


ベイリン
 ベイリン
俺たちは、この事件を解決しに来たヒーローだ。
君は?

フリア
 フリア
頼もしいわね。
私はスコール村のフリア。
村人たちを助けにきたんだけど…

シグルド
 シグルド
どこまで分かっている?

フリア
 フリア
はっきりとはわからないけど、何かがソルスセイムの住人の大半を支配してしまっているの。おかげで、彼らは自分が何者かを忘れ、岩や大地を汚す恐ろしい代物を作るために働いている。
私の父で、部族の呪術師のストルンは、ソルスセイムにミラークが戻ってきたのだというの。
でもそれはあり得ないわ。

ラビ
 ラビ
ミラークについて知っていることを教えてもらえないかしら?

フリア
 フリア
言い伝えによると、ソルスセイムの誕生と同じぐらい昔のこと、ドラゴン達が権力を失墜する以前、彼は他の多くの者たちと同じように、ドラゴンに使えていた。
教団の司祭としてね。
でも、多くの者とは違い、彼は反逆し、ソルスセイムを我が物にしようとしようとして、結局はドラゴン達に滅ぼされたそうよ。

ラビ
 ラビ
その彼が戻ってきて、声の力で、再びソルスセイムを支配しようとしている。
何の為に? 再びアルドゥインと戦う為? そのためにシグルドを呼んだのかしら

ベイリン
 ベイリン
あれだな、アルドゥインを倒し、我が教団が世界を支配したら、世界の半分をくれてやろう、とか言われるパターンだな

シグルド
 シグルド
………。
聖堂に入ろう。
この中のどこかに、ミラークがいる

フリア
 フリア
その先に、地下への通路がある。
私も一緒に行くわ。
村人たちを助ける方法を探さないと

ベイリン
 ベイリン
可愛いお嬢さんの同行者なら、何人でも歓迎だぜ。
それに君は、腕が立ちそうだし。
この力にも抵抗できるとは大したもんだ。
俺はベイリン。こっちはシグルドとラビだ。
スカイリムからの旅人だ

フリア
 フリア
抵抗できているのは父の作ってくれたアミュレットのお陰よ。
でもこれはひとつしかないの。私が村人達を助ける方法を探さないと

ラビ
 ラビ
私達も、まだ影響を受けていないわ。一緒に探しましょう!
よろしくね、フリア。

フリア
 フリア
よろしく。心強いわ。
中にはあの不気味な仮面の信者たちがいる。気をつけて




2016y03m30d_202326668


シグルド
 シグルド
…これほどの数の信徒がいるとはな。
内装の趣味はいまいちだが、厄介だぞ

ラビ
 ラビ
無数の檻が天井から吊されている――
中には骸骨。悪趣味だわ。

フリア
 フリア
ミラークがどんな理由で反乱を起こしたのかはわからない。
でも、彼の選んだ道は、残酷なものだったようね…。
…! みて! ドラゴン!
死骸をあんな風に晒すなんて…
ドラゴン達が聖堂を破壊したのも不思議じゃないわ。
ドラゴン達は激怒したはず…
2016y03m30d_202333967


シグルド
 シグルド
……ここにも、言葉がある。だが、俺は、これも、知っている

ベイリン
 ベイリン
ドラゴンアスペクト。
…ドラゴンの強大な力を、その身に宿らせることができる力だ。

シグルド
 シグルド
ベイリン。
おまえも、何かに気づいたのではないのか。
思えば、俺がはじめて魂を喰った時、おまえはそこにいた

ベイリン
 ベイリン
――そう。何かに導かれるようにな。
俺はバルグルーフのところにいた。
そこにあんたと、イリレスが駆け込んできた

ラビ
 ラビ
何の話をしているの?

シグルド
 シグルド
話してくれ。ベイリン、本当は――

ベイリン
 ベイリン
違う。
俺は、“そうではなくなった”んだ。
だからあんたが――
おっと、話している余裕はないようだぞ!

フリア
 フリア
ドラウグル!
2016y03m30d_202346307


ラビ
 ラビ
て、手強かった… みんな大丈夫?

ベイリン
 ベイリン
ふう… この奥を守っていたんだな…

シグルド
 シグルド
この扉の奥だ。

ラビ
 ラビ
シグルド、待って! ちょっと休ませなさいよ!

ベイリン
 ベイリン
後を追うぞ!

2016y03m30d_202354449


ラビ
 ラビ
シグルド! 待ってってば!
らしくないわよ!

フリア
 フリア
またドラウグル!

ベイリン
 ベイリン
ちっ! 蹴散らすぞ!
2016y03m30d_202425734


シグルド
 シグルド
……これは――

ラビ
 ラビ
もう! 何やってるのよ! 危ないじゃない!
なんとか倒せたからいいけど…って、何これ…
本?
2016y03m30d_202428716


シグルド
 シグルド
黒の書、だ。

ラビ
 ラビ
何ですって?

シグルド
 シグルド
幼い頃、母が言っていた、黒の書、だ。
たくさんの過去と未来、上も下も無い螺旋。
それは彼女の狂気が作り出したものだと思っていた

ベイリン
 ベイリン
待て!シグルド! それに触るな!

シグルド
 シグルド
ここに、彼がいる。
…俺が戻らなかったら、後を頼む

ベイリン
 ベイリン
よせ!!
2016y03m21d_092624818








シグルド
 シグルド
ここは……

ミラーク
 ミラーク
ここに辿り着いたか…
2016y03m30d_225844365


シグルド
 シグルド
……ミラーク…

ミラーク
 ミラーク
間もなく時が訪れる。
すぐに彼らは聖堂を完成させる。
そして私は帰還を果たすのだ。

シグルド
 シグルド
何故、俺を呼んだ

ミラーク
 ミラーク
私の帰還の為に。
長い時間をかけて用意をしてきた。
アルドゥインが蘇り、太古の伝説が目を覚ます。
私は再び、タムリエルへと帰還し、救世主となる。
おまえは、私の器だ
2016y03m30d_202457864


シグルド
 シグルド
く…っ…

ミラーク
 ミラーク
動けまい。ここアポクリファでは、お前は無力だ。
目を閉じていろ。すぐに終わる。
あとは静寂。
深い深い海の底のような。

シグルド
 シグルド
それも――聞いたことがある…な…
ぐ… Fus Ro Dah! 

ミラーク
 ミラーク
!!
呪縛を破るとは… 
良い師に恵まれたようだな。
いや――さすがは、私の器、というべきか。
2016y03m30d_203350057


シグルド
 シグルド
貴様が、母の“王子様”だったというわけか

ミラーク
 ミラーク
ドラゴンボーンの因子を持つ娘を探すのには苦労した。
彼女は私の声に導かれ、アポクリファにやってきた

シグルド
 シグルド
大昔に死んでいるはずの貴様が、どんなおぞましい方法で、俺をつくったのか、聞くのも憚られるな。
謎が解けた。
ドラゴンの魂を喰らう度に確かになるこの違和感の正体が。
俺は最後のドラゴンボーンでは無く――

ミラーク
 ミラーク
最初のドラゴンボーンの器であった。
ご苦労であったな。
それなりの魂を蓄えてくれたようだ。

シグルド
 シグルド
悪いが、はいそうですか、それではどうぞ、と、この身体を献上する訳にもいかなくてな

ミラーク
 ミラーク
私と戦うつもりか?
残念だが、お前の力では私には勝てない。
器を傷つけるつもりはない。
2016y03m30d_232322228


ミラーク
 ミラーク
元いた場所に送り返せ。
私の帰還を、大人しく待っているが良い

シグルド
 シグルド
まて…! ミラーク!!
2016y03m30d_232331838

2016y03m30d_232633422







ラビ
 ラビ
シグルド…! シグルド!
よかった!戻ってきた!

フリア
 フリア
何がおきたの? 本を読んだら突然あなたの姿が透けて…
まるでここにはいないようだった。姿は見えるのに

ベイリン
 ベイリン
大丈夫か?

シグルド
 シグルド
……ああ。
ミラークに会った。

フリア
 フリア
本当に!? やつはどこにいるの!?

シグルド
 シグルド
取り逃がした、というか、見逃された、というべきか。
別の世界だ。この本は、“門”だ

フリア
 フリア
門…。村へ戻ってこの本を父に見せるべきだわ。
父ならば、どうすればいいのか、わかるはず

ラビ
 ラビ
ねえ、本当に大丈夫?

ベイリン
 ベイリン
何かわかったのか?

シグルド
 シグルド
後で話す。まずは、ここを出よう。

フリア
 フリア
そうね。行きましょう! スコール村へ