追い詰められたシルバーハンドはついにジョルバスクルを襲撃する。
同胞団はそれを撃退するも、コドラクの命と、ウースラドの破片が奪われた。
怒りに燃えるヴィルカスと共に、シルバーハンドの残党を根絶やしにし、破片を奪還すべく、シルバーハンドの野営地へと向かう――。








大事なシーンなのに、このローカライズはあんまりなのではなかろうか! アンダーフォージ不思議空間。