ホワイトラン ジョルバスクル地下 導き手の部屋  
同胞団加入後  
登場人物:
シグルド / コドラク
2015y10m07d_012356320


シグルド
 シグルド
邪魔するよ
 

コドラク
 コドラク
ん? おお、おまえか。帰っていたか
 


2015y10m07d_012259953

シグルド
 シグルド
どうということのない害獣退治を終えて
 

コドラク
 コドラク
物足りなかったか? 頼もしいことだ
 

シグルド
 シグルド
いや。仕事は楽な方が良い。焦らなくても獲物はいくらでもいる。おまけに外は霙。――というわけで、本を借りに来た
 

コドラク
 コドラク
ほう? それは珍しい訪問理由だ
 

シグルド
 シグルド
そのようだな。ヴィルカスに何か読むものがないか聞いたら、あんたのところにいけ、と。
本を読む暇があるなら、訓練をするか、酒を飲むそうだ。彼さえも。
 

コドラク
 コドラク
本棚から好きなものをもって行け。
おすすめは…そうだな、その机の上の本はどうだ。古い本だが…
 

シグルド
 シグルド
『同胞団の偉大な導き手』か。
面白そうだ。借りるとしよう。 
――…顔色が優れないな。導き手。
 

コドラク
 コドラク
うむ? ああ、こんな雨の日はな。
座ってハチミツ酒でもどうだね?
 
2015y10m07d_012543534

シグルド
 シグルド
スカイリムは寒い。
 

コドラク
 コドラク
……最近はよく、ソブンガルデの霧の夢を見る。
そして、先に行った友たちの声を聞く
 

シグルド
 シグルド
――サークルは皆、ウェアウルフというのは本当か? 
あんたも含めて。
 

コドラク
 コドラク
……知るには少し早すぎる気もするが。
如何にも。
その血を気に入っているものもいる
 

シグルド
 シグルド
だが、あんたは違う。
 

コドラク
 コドラク
年をとった。心は地平線に向いているよ。
ソブンガルデに。
 

シグルド
 シグルド
獣の魂はハーシーンに引き寄せられる。
 

コドラク
 コドラク
然様。ハーシーンのハンティンググラウンドで永遠に狩人として生きることを望む者もいるが…
ソブンガルデで仲間達と暮らす方がずっといい。
――シグルド。おまえはどうだね。
 

シグルド
 シグルド
俺? ――俺は、どちらもご免かな。
死んだら、静かに眠りたい。
深い深い海の底のような静寂に身をゆだねて。
 

コドラク
 コドラク
おかしな男よ。
 

シグルド
 シグルド
よく言われる。――治療する方法はないのか?
 

コドラク
 コドラク
それが、簡単にはいかなくてな。…
だが今は、こんな老いぼれの心配をしてくれずともよい。
ゆっくりと休むが良い。
雨があがれば、また忙しくなるぞ。
アエラとスコールが手ぐすね引いて、おまえをこき使おうと待ち構えているはずだ。
 

シグルド
 シグルド
受けて立とう。……あんたは何故同胞団に?

コドラク
 コドラク
自分の家族を失って、新しい居場所が欲しかった。
仲間達はほとんどみんなそうだ。




シグルド
 シグルド
……
 

コドラク
 コドラク
儂はこの世界の隅から隅まで旅して、戦いに関してあらゆることを学んできた。
ただのひよっこじゃったが、情熱だけは一人前だった。
やがて体は心に追いついた。

シグルド
 シグルド
ひよっこのあんたは想像できないな。
 

コドラク
 コドラク
随分くだらない無茶もしたものよ。
前任者のアスカーという導き手が、ハンマーフェルで腰抜け貴族の用心棒をしていた儂を拾ってくれた。
そして、ここにきて、ここが自分の家だと気づいた

シグルド
 シグルド
みな、あんたを慕っている。コドラクのじいさん、ってな
 

コドラク
 コドラク
孫にしては、育ちすぎだ。じいさん呼ばわりはやめんか。
ここにいる家族と失った家族。その両方に名誉をもたらすのが儂の仕事だ。
ソブンガルデの霧の向こうに去った祖父、祖母、父、母。
そしてすべての盾の兄弟姉妹たち。
…おまえも含めてな。ひよっこよ。

シグルド
 シグルド
頼りにしている。偉大なる導き手。
――美味かった。ごちそうさま。
では、ありがたく借りていくよ
 

コドラク
 コドラク
暇があれば、好きなだけ読むといい。
足りなければまた取り寄せておこう。

シグルド
 シグルド
恩に着る。
――あんたの魂が救われることを祈っている。
手伝えることがあったら言ってくれ。
 

コドラク
 コドラク
ふっ。覚えておくとしよう。







シグルド
 シグルド
家……か。
 

2015y10m07d_013120712